三洋ピンボール

設立・沿革

1963年(nian)(nian)12月(yue)23日(ri)の設立。初(chu)代(dai)理(li)事長は円城(cheng)寺次郎(lang)・元日(ri)本経済(ji)新(xin)聞(wen)社(she)社(she)長、初(chu)代(dai)会長は著名な経済(ji)学者・有沢(ze)広巳氏(shi)。後(hou)に外(wai)務大臣などを務めた大来(lai)佐武郎(lang)氏(shi)を理(li)事長に迎え、64年(nian)(nian)4月(yue)から本格的(de)に活動(dong)を開(kai)始しました。67年(nian)(nian)からは金(jin)森(sen)久雄・現(xian)名誉顧問(第(di)三代(dai)理(li)事長)を主査に、日(ri)本における民間経済(ji)予測の草分(fen)けとなる段階的(de)接近法による短期経済(ji)予測を開(kai)始しました。2010年(nian)(nian)4月(yue)に公(gong)益社(she)団(tuan)法人に移(yi)行(xing)し、現(xian)在は経済(ji)予測をはじめ、政(zheng)策提言や研究リポートの公(gong)表(biao)、各種(zhong)セミナーなどを開(kai)催しています。

2006年からは、アジア地域の経(jing)(jing)済(ji)問題を中心とする政策提言型の英文ジャーナル「AEPR(Asian Economic Policy Review)」を発行、アジアの若(ruo)手研(yan)(yan)究(jiu)(jiu)者を招聘する「日(ri)経(jing)(jing)アジアスカラシップ事(shi)業」も展開(kai)しています。16年からはアジア主要6カ国の有力(li)エコノミストを対象とした「アジア・エコノミスト調査」を開(kai)始し、日(ri)本(ben)企(qi)業に関心が高いアジア地域も精(jing)力(li)的(de)(de)にカバーしています。14年からは、日(ri)本(ben)を代表するグローバル企(qi)業約(yue)30社などと「日(ri)米知的(de)(de)交流・共(gong)同研(yan)(yan)究(jiu)(jiu)プログラム」を始めました。政策形成(cheng)に影響力(li)を持つ方々を多数(shu)招き意(yi)見交換しています。企(qi)業・団体から派遣研(yan)(yan)究(jiu)(jiu)生(sheng)(sheng)を受(shou)け入れる研(yan)(yan)修制度の卒業生(sheng)(sheng)は1500人を超えました。多くが経(jing)(jing)済(ji)界で活躍(yue)、著名(ming)なエコノミストや企(qi)業トップも数(shu)多く輩出(chu)しています。

日(ri)(ri)本経(jing)(jing)済(ji)(ji)新(xin)聞社との共催(cui)事業(ye)(ye)として、東(dong)京(jing)、大阪(ban)、名古屋(wu)、札幌、福岡で「景(jing)気(qi)討(tao)論会(hui)」をはじめ、優(you)れた経(jing)(jing)済(ji)(ji)・経(jing)(jing)営・会(hui)計図書を毎年(nian)表彰する「日(ri)(ri)経(jing)(jing)・経(jing)(jing)済(ji)(ji)図書文化賞(shang)」、若手エコノミストを顕彰する「円城寺(si)次郎(lang)記念賞(shang)」を運営しいます。このほか経(jing)(jing)済(ji)(ji)・社会(hui)学、政策研究を奨(jiang)(jiang)励する「日(ri)(ri)本経(jing)(jing)済(ji)(ji)研究センター研究奨(jiang)(jiang)励金(jin)」の交付事業(ye)(ye)も独(du)自におこなっています。

歴代会長・理事長

会長

1963-1973年 有沢 広巳
1973-1982年 大来 佐武郎
1982-1987年 円城寺 次郎
1987-1997年 金森 久雄
1997-2003年 香西 泰
2004-2008年 小島 明
2008年-2012年5月 新井 淳一
2012年5月-2015年5月 杉田 亮毅
2015年5月-2017年6月 斎藤 史郎
2017年6月-2021年6月 平田 保雄
2021年6月-現在 喜多 恒雄

理事長

1963-1964年 円城寺 次郎
1964-1973年 大来 佐武郎
1973-1987年 金森 久雄
1987-1997年 香西 泰
1997-2000年 土志田 征一
2000-2005年 八代 尚宏
2005年-2010年5月 深尾 光洋
2010年10月-現在 岩田 一政

エコノミストの戦後史