三洋ピンボール

マクロモデル研究会

第17回マクロモデル研究会を開催ー70名参加、賃金・物価など最新の研究成果を議論―

 2023年9月8日、計量分析(xi)の専門(men)家が最新(xin)の研(yan)究成(cheng)果を報(bao)告し議論(lun)する「第(di)17回マクロモデル研(yan)究会(hui)(hui)(hui)」をオンライン開催(cui)した。本研(yan)究会(hui)(hui)(hui)は07年から当センターが事務局として運営し、16年からアジア太平洋研(yan)究所(APIR)との共催(cui)となっている。各地から70名が参加した今回の研(yan)究会(hui)(hui)(hui)は「賃金・物価」「予測(ce)モデル」「人口動(dong)態と経済(ji)モデル」「経済(ji)財政(zheng)モデル」の4つのセッションで構成(cheng)し、8組9件の報(bao)告について活発な議論(lun)を展(zhan)開した。

 当センターはAPIRとの共催で本研究会を今後も開催する予定で、ここで得た知見や人的ネットワークを、今後の研究に生かしていく考えだ。(研究本部)

*本研(yan)究(jiu)(jiu)会(hui)は入江啓彰・近畿大(da)教(jiao)(jiao)授(shou)、当センターの小(xiao)野寺敬(jing)・首(shou)席研(yan)究(jiu)(jiu)員、加藤久和・明(ming)治大(da)教(jiao)(jiao)授(shou)、西山慎一(yi)・神戸(hu)大(da)教(jiao)(jiao)授(shou)、林田元就(jiu)・電(dian)力中央研(yan)究(jiu)(jiu)所上席研(yan)究(jiu)(jiu)員、松(song)林洋一(yi)・神戸(hu)大(da)教(jiao)(jiao)授(shou)(50音(yin)順)の6名(ming)が運営に当たっている。 また、本研(yan)究(jiu)(jiu)会(hui)は、発表テーマをマクロモデルに限(xian)定せず、統計や景気指標、あるいは予測手法などの周辺分野も取り上げている。

バックナンバー

研究(jiu)会の要(yao)旨(PDF形式)をご紹介します。※発表者の所属、肩(jian)書(shu)きは講演当時のものです。

2022年(nian)

第16回マクロモデル研究会をオンライン開催ー66名参加し多岐にわたる成果を議論―

PDF プログラム

PDF 報告(gao)要旨

2021年

全国から60名が参加し、最新の研究成果を議論―マクロモデル研究会をオンライン開催―

PDF プログラム

PDF 報告要旨

2020年

コロナ禍を計量分析,先端モデルも―マクロモデル研究会をオンライン開催―

PDF 要旨

2019年

新たな「波」を定量分析、AIの応用も―マクロモデル研究会を開催―

PDF 要旨

PDF 出席者(zhe)一(yi)覧

2018年(nian)

訪日客や貿易戦争の評価、定量的に―マクロモデル研究会を開催

PDF要旨

PDF出席者(zhe)一覧

2017年

最新モデルからクライン教授の遺作まで―マクロモデル研究会を開催

PDF要旨

PDF出(chu)席者一覧

2016年(nian)

関西経済に焦点、多様なモデルの応用も―マクロモデル研究会を大阪で開催

PDF要旨

PDF出(chu)席(xi)者一覧

2015年

景気・政策をモデルで評価、最新成果一堂に―マクロモデル研究会を開催

PDF要旨(zhi)

PDF出席者一覧

2014年(nian)

地域経済に焦点、アベノミクスの分析も―マクロモデル研究会を大阪で開催

PDF要旨

PDF出席者(zhe)一覧

2013年

成長戦略を定量的に評価・議論―マクロモデル研究会を開催

PDF要旨

PDF出席者一覧

2012年

日本経済の中長期課題を議論―マクロモデル研究会を開催

PDF要旨

PDF出(chu)席者(zhe)一覧

2011年

経済激変下の政策課題にどう応えるか―マクロモデル研究会で議論

PDF要旨

PDF出席者一(yi)覧

2010年

政策課題を活発に議論-マクロモデル研究会開催

PDF要旨

PDF出席者一覧

お問い合わせ先

公益社団法人 日本経済研究センター 研究本部
マクロモデル研究会事務局(小野寺,佐倉,蓮見,田中)