三洋ピンボール

一覧へ戻る
医療

新型コロナ、オミクロン株以降のワクチン効果とウイルス対策

九州大(da)学教授(shou) 馬場園明

2022/03/30

新型コロナ、オミクロン株以降のワクチン効果とウイルス対策

 新型コロナウイルス感染症は2019年11月に中国湖北省武漢市で初めての症例が確認されてから瞬く間にパンデミック(世界的大流行)が発生し、3月28日時点で全世界の感染者数は約4億7900万人、死亡者数は約612万人になった。【1】  昨年(nian)11月以降はオミクロン株の世界的(de)大流行により、今後の見通(tong)しは予断を許さない。

 日本政府は3月21日、東京、千葉、神奈川、大阪、兵庫、愛知など18都道府県に発令していた「まん延防止等重点措置」をすべて解除したが、医療機関に入院する重症者数が依然として高止まりし、地域の医療提供体制が厳しい状況にあることが問題になっている。【2】

 昨年7月から今年3月までの1週間あたりの年代別重症者数の推移をみると、第5波はワクチンの普及に伴い重症者数も急減したが、第6波はオミクロンの感染力が強く、重症者数が急減するには至っていない。【3】 重症者(zhe)数が減少しなければ、新型コロナ患者(zhe)を受(shou)け入(ru)れている医療機(ji)関の疲弊は続くのである。(図(tu)1)

 既存の新型コロナワクチンはオミクロン株にも有効であり、ワクチン接種者の感染率は未接種者に比べてはるかに低い。【4】 ただ、オミクロン株に対する感染予防効果はアルファ株やベータ株、デルタ株に対する予防効果より低く、予防効果が持続する期間も短いとされる。【5】 

  新型コロナウイルスは変異株が次々に発生するが、新型コロナワクチンは変異株に有効なのかーー。新型コロナワクチンの未知の変異株への感染予防効果を示唆する研究がある。イスラエルにおける医療従事者を対象にしたワクチン4回目接種の効果と安全性を評価した調査研究である。【6】

  この研究では、ファイザー製(zhi)ワクチン3回(hui)目接(jie)種から4ヵ月間経過後、4回(hui)目接(jie)種を受(shou)けた154人とモデルナ製(zhi)ワクチン3回(hui)目接(jie)種から4ヶ月間経過後、4回(hui)目接(jie)種を受(shou)けた120人の中和(he)抗(kang)体価を比較(jiao)したところ、ファイザー製(zhi)ワクチンとモデルナ製(zhi)ワクチンは同等の効果を示した。(図(tu)2、図(tu)3)

 

 

 図2、図3をみると、ワクチン3回目(mu)接(jie)種(zhong)から5ヶ月(yue)間経(jing)過後の中(zhong)和(he)抗体(ti)価は、野生株(zhu)やデルタ株(zhu)に比(bi)べてオミクロンが著しく低い。また、ワクチン4回目(mu)接(jie)種(zhong)を受ければ中(zhong)和(he)抗体(ti)価は上昇するが、それでも野生株(zhu)の10分(fen)(fen)の1、デルタ株(zhu)の5分(fen)(fen)の1~7分(fen)(fen)の1にとどまる。

 新型コロナワクチンは中国湖北省で発見された野(ye)生株のスパイク蛋(dan)白をmRNA(メッセンジャーRNA)を使って細(xi)胞内に人為(wei)的に作り出し、免疫を獲得するものである。だが、オミクロン株にはスパイク蛋(dan)白の変(bian)異が多数あり、中和抗体(ti)価が低下しているとみられる。

 中和抗(kang)体価(jia)は感染予防効果とおおむね相(xiang)関しており、オミクロン株に対する感染予防効果は相(xiang)対的に小さいと考えられる。この研究は限られた地域でのサンプル数の少(shao)ない研究ではあるが、今後(hou)、オミクロン株に対してワクチンを中心に対応していくことの困難を想像させる。

 新型(xing)コロナウイルス感(gan)(gan)染(ran)症(zheng)の第6波はピークアウトしているとみられるが、新規感(gan)(gan)染(ran)者(zhe)数、重症(zheng)者(zhe)数の減少(shao)率は小(xiao)さい。そして、新型(xing)コロナウイルス感(gan)(gan)染(ran)症(zheng)は今後も完全(quan)に終(zhong)息することは期待できず、地域に定着し、流行(xing)を繰り返すエンデミック(風(feng)土病(bing))化(hua)していくことは間(jian)違いない。

 今後、新型コロナウイルスの被害を最小(xiao)限にとどめるためには、第1に高齢者(zhe)(zhe)や既往症者(zhe)(zhe)への定期的(de)なブースター接(jie)種を普(pu)及することである。それに加(jia)えて、ワクチンの感染(ran)予防効果を維持していこうとすれば、新しいワクチンを開発し、治験を行(xing)っていく必要があることも考(kao)慮(lv)しなければならない。

 第2に高齢者(zhe)(zhe)施設では利用(yong)者(zhe)(zhe)と職員(yuan)への定期(qi)(qi)検査を実施し、感染(ran)(ran)者(zhe)(zhe)の早(zao)期(qi)(qi)発見、早(zao)期(qi)(qi)治(zhi)療を行うべきである。また、患者(zhe)(zhe)クラスターが見付(fu)かれば、感染(ran)(ran)症(zheng)に詳しい医師や看護(hu)師が早(zao)期(qi)(qi)に介入し、個人防護(hu)具の着(zhe)脱や空間を用(yong)途で分けるゾーニングを指導して感染(ran)(ran)拡大(da)を防ぐことである。

 第3に「新(xin)型(xing)コロナウイルス感(gan)染者等情(qing)報把握(wo)・管理支援システム」(HER-SYS、ハーシス)の活用により、ワクチン接種者、非接種者のウイルス感(gan)染後の状況を評(ping)価できるようにすることである。感(gan)染者の状況を追跡(ji)することにより、ワクチンの有効性(xing)(xing)や安(an)全性(xing)(xing)について、より正確な情(qing)報を提供できるようになる。

 最後(hou)に、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザなどの感染症が流(liu)(liu)行すれば、「手洗い」「マスク着用(yong)」「三密回(hui)避(bi)」の感染予防対策を徹底していくことを期待(dai)したい。かつてはインフルエンザなどの感染症が流(liu)(liu)行しても医療機関内でマスクを着用(yong)せず、待(dai)合室(shi)に密集し、感染拡大(da)を助長(chang)するのが常(chang)態化していた。

 また、ひとたびインフルエンザが流行(xing)すると、会社の欠勤、学校(xiao)の欠席、学級閉(bi)鎖が当(dang)然のように起きていた。これらの過ちを繰り返してはならない。私たちは、多(duo)大なコストを払った新型(xing)コロナウイルスへの感染(ran)予(yu)防対策から貴(gui)重な経験(yan)を学ぶことも求められる。

 これまで新型(xing)コロナウイルス感染(ran)症への対策(ce)や新型(xing)コロナワクチンの有(you)効性、危険性に関する私の考えを発表(biao)してきたが、今回で政策(ce)ブログの一連のシリーズを終了することになった。これまでお付き合いくださった読者のみなさんと退任する編集(ji)長、小林健(jian)一氏に感謝(xie)の意を表(biao)したい。

 

 ばばぞの・あきら 1959年鹿(lu)児島県生まれ。九州(zhou)大(da)(da)学(xue)(xue)(xue)(xue)医学(xue)(xue)(xue)(xue)部卒。米(mi)ペンシルバニア大(da)(da)学(xue)(xue)(xue)(xue)大(da)(da)学(xue)(xue)(xue)(xue)院、岡(gang)(gang)山大(da)(da)学(xue)(xue)(xue)(xue)医学(xue)(xue)(xue)(xue)部講師、九州(zhou)大(da)(da)学(xue)(xue)(xue)(xue)健康(kang)科学(xue)(xue)(xue)(xue)センター助(zhu)教(jiao)授(shou)を経て、九州(zhou)大(da)(da)学(xue)(xue)(xue)(xue)大(da)(da)学(xue)(xue)(xue)(xue)院医学(xue)(xue)(xue)(xue)研究(jiu)院医療経営・管理(li)学(xue)(xue)(xue)(xue)講座教(jiao)授(shou)。岡(gang)(gang)山大(da)(da)博士(shi)(医学(xue)(xue)(xue)(xue))。

 

【1】日本経済新聞社、チャートで見る世界の感(gan)染状況 新型(xing)コロナウイルス

【2】厚生労働省、新(xin)型コロナ感染症について

【3】厚生労働省、データからわかる-新型(xing)コロナウイルス感染症(zheng)情報-

【4】SARS-CoV-2 variants of concern and variants under investigation in England Technical briefing: Update on hospitalisation and vaccine effectiveness for Omicron VOC-21NOV-01 (B.1.1.529), 2021.12.31.November 7, 2021–January 8, 2022, MMWR, February 4, 2022 / 71(5);177–181

【5】Hause A, et al, Safety Monitoring of COVID-19 Vaccine Booster Doses Among Adults — United States, September 22, 2021–February 6, 2022, MMWR, February 18, 2022 / 71(7);249–254

【6】Gili Regev-Yochay et al, Efficacy of a Fourth Dose of Covid-19 mRNA Vaccine against Omicron, N Engl J Med 2022 Mar 16.

 

(写真:AFP/アフロ)

 

バックナンバー

2022/03/30

新型コロナ、オミクロン株以降のワクチン効果とウイルス対策

九州(zhou)大学教授(shou) 馬場園明

2022/03/09

オミクロン株まん延、新型コロナ対策の課題

九州大学(xue)教授 馬場(chang)園明

2022/02/09

基礎年金のあるべき姿

明治大学(xue)教授 田中秀明

2022/01/19

新型コロナ変異株、オミクロンが流行する原因とその対策

九州(zhou)大学(xue)教授 馬場園明

2022/01/05

医療機関と社会的責任

中央大学教授 真野俊樹

2021/11/24

新型コロナワクチン、接種と死亡の因果関係

九州大学教授 馬場園明(ming)

2021/11/17

財務次官論文を考える

明治大学教授(shou) 田中秀明