三洋ピンボール

一覧へ戻る
アジア経済予測 アジア経済中期予測 (第8回/2022-2035年)

第8回報告書ーーテクノウォーと中国減速、アジアに影

日(ri)本の1人当たりGDPは2022年(nian)(nian)台湾(wan)、23年(nian)(nian)韓国に抜(ba)かれる

主査:富山 篤
  アジア予測室長兼主任研究員
総括:田中 顕
  副主任研究員
佐倉 環
  研究員
山田 剛
  主任研究員
上原 正詩
  主任研究員
清水 泰雅
  主任研究員
下田 吉輝
  研究員

2022/12/15

 日本経済研究センターは12月15日、アジアを中心とする18カ国・地域の2022~2035年までの経済成長を予測する「第8回 アジア経済中期予測」を発表しました。
 日本を含むアジアの主要15カ国・地域に、比較対象として米国、豪州、カナダを加えた18カ国・地域について、生産関数と呼ばれるマクロ経済予測の手法と、政変、成長を阻害する規制など個別の事象を織り込んで予測しました。2027年までを予測期間とするIMF(国際通貨基金)の世界経済見通し「World Economic Outlook」より8年長く、アジアの開発途上国の足下の成長率に焦点を当てるアジア開発銀行とも異なり、アジア経済を長期間にわたり、網羅的に予測したものとなります。
 8回目となる今回は、昨年作成した国ごとの「デジタル潜在(zai)力」(JCERデジタル潜在(zai)力指(zhi)数)をベースに、ウクライナ危機によるインフレ、世界で広(guang)がる利上げ、半導体(ti)などの先端技術の囲(wei)い込(込)みで生(sheng)じる米(mi)中の“戦争”(テクノウォー)を予測に織(zhi)り込(込)んでおります。



 

【お知らせ】

*12月14日 日本経済新聞電子版に関連記事が掲載されました。


*12月23日 会員の皆様に報告書を発送しました。追加購入等は こちら からお願(yuan)いいたします。

 






    富山篤


    富(fu)山篤、田(tian)中(zhong)顕、佐(zuo)倉環(huan)、下田(tian)吉輝(hui)


    富山篤、田中顕


    富山篤、下田吉輝


    富山篤、田中顕(xian)、山田剛


    下田吉輝


    山田剛


    上原正詩


    清水泰雅


    富山篤、田(tian)中(zhong)顕、下田(tian)吉輝(hui)


    富山篤


バックナンバー

2022/12/15

第8回報告書ーーテクノウォーと中国減速、アジアに影

日本(ben)の1人当たりGDPは2022年台湾(wan)、23年韓国に抜かれる

アジア経済(ji)中期予(yu)測 第8回2022-2035年

主査:富山 篤/ 総括:田中 顕佐倉 環山田 剛上原 正詩清水 泰雅下田 吉輝

2022/12/14

1人当たりGDP、2022年日台逆転

―2023年には韓国に抜かれる
―円安と低い労働生(sheng)産性で前倒し

アジア経済(ji)中期予測

富山 篤田中 顕

2022/12/14

中国GDP、米国超え困難に

―標準シナリオ、習氏3期目で逆風
―2030年代、1%台成長定着の可(ke)能性

アジア経済(ji)中期(qi)予測

富山 篤田中 顕佐倉 環下田 吉輝

2022/11/15

日本への出稼ぎ労働者、2032年に頭打ち

―現地給与上昇と円安で旨味薄れる
―“稼げる”韓国、中東などに流出も

アジア経済中期予測

富山 篤田中 顕下田 吉輝

2022/06/14

中国ゼロコロナ政策、景気を下押し

中(zhong)国・ASEAN4短期(qi)経済予(yu)測 2022.6 22年4-6月(yue)期~23年1-3月(yue)期

主査:稲葉 圭一郎田中 顕