三洋ピンボール

一覧へ戻る
アジア・コンセンサス調査 (第(di)31回 / 2023年~2025年)

ASEAN成長率、外需不振で一段の下方修正

――中国経済への懸念(nian)強まる、異常(chang)気(qi)象も警戒

主査:上原 正詩
  主任研究員
主査:湯浅 健司
  首席研究員兼中国研究室長
山田 剛
  主任研究員
清水 泰雅
  主任研究員
富山 篤
  アジア予測室長兼主任研究員
田中 顕
  副主任研究員
奥津 茜 研究生
   
日下 淳 ジャーナリスト(外部委託)
   

2023/10/02

 日本経(jing)済(ji)(ji)研究センターはアジアのエコノミストを対象に各国の経(jing)済(ji)(ji)成長や物価、為替動向などの見通(tong)しを聞いたアンケート「JCER/日経(jing) アジア・コンセンサス」の第31回調(diao)(diao)査(cha)(cha)結果をまとめた。東南アジア諸(zhu)国連合(ASEAN)5カ国の2023年(nian)の平均成長率は前(qian)年(nian)比3.9%と、6月に実施した前(qian)回調(diao)(diao)査(cha)(cha)の予(yu)(yu)想が0.3ポイント下(xia)(xia)方修(xiu)正された。下(xia)(xia)方修(xiu)正は2調(diao)(diao)査(cha)(cha)連続(xu)。内需が堅(jian)調(diao)(diao)なインドネシアは上(shang)方修(xiu)正となったが、それ以外の4カ国は輸出(chu)不(bu)振などから予(yu)(yu)想が下(xia)(xia)振れする結果となった。先行き不(bu)安は当面続(xu)く見通(tong)しで、24、25年(nian)の予(yu)(yu)想も前(qian)回予(yu)(yu)想より低くなっている。回答(da)者からは中国経(jing)済(ji)(ji)の減速を最大のリスクとする声が強まった。

バックナンバー

2023/10/02

ASEAN成長率、外需不振で一段の下方修正

――中(zhong)国(guo)経済(ji)への懸念強まる、異常気象も警戒

第(di)31回(hui) 2023年~2025年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司山田 剛清水 泰雅富山 篤田中 顕/ 奥津 茜(qian) 研究(jiu)生/ 日下 淳(chun) ジャーナリスト(外部(bu)委託)

2023/07/03

アジア経済、外需不振で年後半の下振れ懸念

――中国経(jing)済、米金(jin)融政策の影響に不安感

第30回 2023年~2025年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司山田 剛清水 泰雅富山 篤髙橋 えり子田中 顕/ 奥津 茜 研究(jiu)生/ 日下 淳(chun) ジャーナリスト(外部(bu)委託)

2023/04/04

23年の成長率 減速も前回予想からはやや改善

――中国経済に期待、米金融政策の影響(xiang)は不安視

第29回 2023年~2025年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司山田 剛清水 泰雅富山 篤髙橋 えり子田中 顕/ 奥津 茜 研究生/ 笠置(zhi) 正民 特別協力・東南アジア問題研究家/ 日下 淳 ジャーナリスト(外(wai)部委託)

2022/12/26

アジア経済 23年はなお慎重な見方

――インフレ和らぎ足元堅調、「米中」減速が不安要因(yin)

第(di)28回(hui) 2022年~2024年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛清水 泰雅富山 篤田中 顕/ 奥津 茜 研(yan)究(jiu)生(sheng)/ 笠置 正民 特別協力・東(dong)南アジア問題研(yan)究(jiu)家

2022/10/03

アジア経済 足元堅調も先行き不安強く

――インフレ、通貨(huo)安、中国リスクで23年予(yu)想(xiang)下(xia)方修正

第(di)27回 2022年~2024年

主査:上原 正詩/ 主査:湯浅 健司日下 淳山田 剛富山 篤髙橋 えり子田中 顕/ 奥津 茜 研究生/ 笠置 正民 特別協力(li)・東南アジア問題研究家