三洋ピンボール

一覧へ戻る
短期経済予測 (2023年(nian)10-12月(yue)期(qi)~2026年(nian)1-3月(yue)期(qi))

金融政策は転換するも下方リスクに脆い日本経済

―GDPギャップはマイナス圏内で推移

齋藤 潤
  研究顧問
宮﨑 孝史
  副主任研究員
久保田 昌幸
  副主任研究員

2023/12/11

日本経済研究(jiu)センターは、内(nei)閣府が12月(yue)8日に公表(biao)した2023年7-9月(yue)期(qi)(qi)のGDP速報(2次速報値)を踏まえ、当センターが11月(yue)16日に発(fa)表(biao)した「第196回四半期(qi)(qi)経済予測」(SA196)を改訂した。改訂版(ban)(SA196R)の内(nei)容は以(yi)下の通り。

  • SA196Rでは、我が国の実質GDP成長率を、2023年度+1.6%の後、2024年度+0.6%、2025年度+0.8%と予測した。SA196に比べると、2024年度は▲0.1%の下方改訂、それ以外は前回と同じという結果であり、日本経済の実質GDP成長率は緩やかなものにとどまるとの見通しに変わりはない。その要因を実質GDP成長率に対する寄与度でみると、内需が徐々にプラスの寄与を高めていくのに対して、外需の寄与がマイナスに転じることが大きい。
  • 米国経済は、これまでの連邦準備制度理事会(FRB)による利上げの効果もあり、2024年後半にはコアPCEデフレーターの前年同期比は2%にまで低下するものと予測。また、それをあらかじめ見通して、FRBは2024年前半には利下げに転じると見込む。しかし、それまでの利上げの影響を受けて、実質GDP成長率は次第に潜在成長率以下に減速していく(実質GDP成長率:2023年+2.4%、2024年+2.1%、2025年+1.5%)。

バックナンバー

2023/12/11

金融政策は転換するも下方リスクに脆い日本経済

―GDPギャップはマイナス圏内で推移

2023年10-12月(yue)期~2026年1-3月(yue)期

齋藤 潤宮﨑 孝史久保田 昌幸

2023/11/28

【説明会】第196回 四半期経済予測

内需伸びるも低成長にとどまる日本経済
—金融政策(ce)が転機を迎(ying)える中で世界経済は減速—

2023年10-12月(yue)期~2026年1-3月(yue)期

主査:齋藤 潤/ 総括:宮﨑 孝史/ 総括:久保田 昌幸

2023/11/16

第196回<速報>内需伸びるも低成長にとどまる日本経済

―金融政策が転機を迎える中で世界経済は減速

2023年10-12月期(qi)~2026年1-3月期(qi)

齋藤 潤宮﨑 孝史久保田 昌幸

2023/09/08

海外経済が堅調に推移する中、景気改善続く

―中国経済の下振れやグローバルな株価調整のリスクに注意

短期予測班

2023年7-9月(yue)期~2025年1-3月(yue)期

2023/08/29

【web説明会】第195回 四半期経済予測

わが国経済、今年度2%成長に
—米欧の根強い物価高が招く海外経済(ji)の下振れに注意(yi)—

2023年(nian)7-9月(yue)期(qi)(qi)~2025年(nian)1-3月(yue)期(qi)(qi)

主査:上野 陽一/ 総括:宮﨑 孝史