三洋ピンボール

一覧へ戻る
中期経済予測 ( 第50回(hui)(標準(zhun)シナリオ)中(zhong)期経済(ji)予(yu)測 / 2023-2035年(nian)度 )

30年代、マイナス成長突入か回避かの分岐点

設備投資息切れ、AIの活用で後れをとる恐(kong)れ

主査:石井 達也
  主任研究員
総括:松尾 朋紀
  副主任研究員
コーディネーター:島村 勇太朗
  研究員
落合 勝昭
  特任研究員

2023/12/07

 生成AIや、EV・脱炭素エネルギーの開発競争は、世界の重要産業の覇権争いの様相を見せている。ウクライナ、ガザでの戦争が続くなか、東アジアでは台湾有事リスクが高まり、先端半導体などのサプライチェーンの再構築が進行している。日本国内では、労働力不足により物流・交通機関・小売などが維持困難になる状況も生じており、社会保障負担増が深刻化し、財政拡大に歯止めがかかっていない。
 こうした内外の環境を踏まえ、2035年度までの日本経済の道筋を予測した(標準シナリオ)。その結果、31-35年度平均の実質成長率はマイナス成長突入が目前に迫る。設備投資も息切れし、資源価格の上昇やテクノロジーの海外依存による使用料支払いの増加などにより、貿易赤字が定着する。
 日本経済が成長するためには、自由貿易圏拡大(da)やエネルギー・重(zhong)要鉱物資源の確保(bao)において国際連携を強化するとともに、AIの開発と幅広(guang)い産業(ye)での活用を進め、高付加価(jia)値(zhi)な製品・サービスを生み出すことが不可欠である。

世界(jie)の重要産(chan)業の覇権争いや、東アジアの地政学リスクの高まりといった状況においても、日本(ben)経済がAIの開発・活(huo)用を加(jia)速し生産(chan)性(xing)を高め、経済成長(chang)軌(gui)道を再び描けるようにする「改革シナリオ」を取り込んだ中期経済予(yu)測を2024年(nian)3月(yue)に公(gong)(gong)表します。その際、今(jin)回公(gong)(gong)表する「標準シナリオ」についても改訂します。

 

バックナンバー

2023/12/07

30年代、マイナス成長突入か回避かの分岐点

設備投資息切れ、AIの活用で後(hou)れをとる恐れ

第50回(標準シナリオ)中期経済予(yu)測 2023-2035年度

主査:石井 達也/ 総括:松尾 朋紀/ コーディネーター:島村 勇太朗落合 勝昭

2023/03/08

自由貿易推進と自前主義脱却でイノベーション拡大を

DXと人的資本投(tou)資が切(qie)り拓(tuo)く成長軌(gui)道

第49回中期経(jing)済予(yu)測 2022-2035年度

主査:石井 達也/ 総括:松尾 朋紀落合 勝昭/ 総主査(監修):小林 辰男

2022/12/07

30年代、マイナス成長常態化の恐れ

貿易赤字定着、公的(de)債(zhai)務残高も増加続く

第(di)49回(標準シナリオ)中期経済予測 2022-2035年(nian)度

総主査:小林 辰男/ 主査:石井 達也/ 総括:松尾 朋紀落合 勝昭川崎 泰史

2022/04/01

ウクライナ侵攻後の日本経済

資源高、20年代半ばゼロ成長の恐れ
制裁強化ならマイナス成長も
DX、資源高にも医療介護(hu)の生産性向上(shang)にも有効(xiao)

第48回 2021-2035年度

2021/12/07

DX社会の構築なければ、30年代はマイナス成長に

米(mi)中(zhong)対立激化なら20年代後半にもマイナス成長(chang)の可(ke)能性

第48回(標準シナリオ)中(zhong)期経済予測(ce) 2021-2035年度