三洋ピンボール

一覧へ戻る
景気後退確率

10月の景気後退確率は62.3%

―鉱工業(ye)用生産財の在庫率指数悪化が影響

島村 勇太朗
  研究員

2023/12/08

 日(ri)本経(jing)済(ji)(ji)研究センターがまとめた2023年10月の景気後(hou)退確率は前月から3.6%pt上(shang)昇し、62.3%であった(図1)。景気後(hou)退入りの警戒ラインである67%を7カ月連(lian)(lian)続で下(xia)(xia)回(hui)ったものの(表1)、2カ月連(lian)(lian)続で上(shang)昇しており警戒ラインに迫っている。同確率は景気動向指(zhi)数の先(xian)行指(zhi)数(以下(xia)(xia)、先(xian)行CI)を基に、数ヵ月先(xian)の景気後(hou)退入りの可能性(xing)度合いを示す。10月は、特に鉱工(gong)業用(yong)生産財在庫率指(zhi)数が先(xian)行CIに大きくマイナス寄与(yu)した。内訳を見(jian)ると、最も悪(e)化(hua)した業種が電子部品・デバイス工(gong)業で、またウェイトの大きい無機(ji)・有機(ji)化(hua)学工(gong)業も大きく悪(e)化(hua)していた。10月は米国(guo)や中国(guo)の製造業購買担(dan)当者景気指(zhi)数が50を下(xia)(xia)回(hui)っていたことなどから、海外経(jing)済(ji)(ji)の減速を反(fan)映(ying)していた可能性(xing)がある。

【図1 景気後退確率(2023年10月)】

【表1 景気後退確率と先行CIの推移(過去1年間)】

  * 2020年7月分公表時より、景気後退確率の推定方法を見直しました。詳しくは、こちらをご覧ください

バックナンバー

2023/12/08

10月の景気後退確率は62.3%

―鉱工業(ye)用生(sheng)産(chan)財の在庫率指(zhi)数(shu)悪化が影響

島村 勇太朗

2023/11/09

9月の景気後退確率は56.5%

―雇用(yong)環境の悪(e)化が一因か

島村 勇太朗

2023/10/10

8月の景気後退確率は31.7%

―在庫率改(gai)善などにより大幅低下(xia)

島村 勇太朗

2023/09/08

7月の景気後退確率は82.7%

―外需低迷による在庫悪化で警戒水準超え

島村 勇太朗

2023/08/08

6月の景気後退確率は44.5%

―前(qian)月からほぼ横ばいで推移

島村 勇太朗