三洋ピンボール

長期経済予測

(最終報告 2019~2060年)

デジタル資本主義の未来 日本のチャンスと試練

主査:岩田 一政
  代表理事・理事長
猿山 純夫
  首席研究員
田原 健吾
  データサイエンス研究室長兼主任研究員
小林 辰男
  政策研究室長兼主任研究員

2019/12/04

2060年に我(wo)々はどんな未(wei)来を迎えているのか。 デジタル化(hua)の波(bo)が、さらに形を変(bian)えて襲来する可能性がある。デジタル経済の先陣(zhen)を切(qie)る米国、それに追いつき追い越す勢いを見(jian)せる中国に圧(ya)倒(dao)され、富の源泉を握られたまま停滞を余儀なくされるのか。それとも、経済社会をデジタル仕様に作り替え、強(qiang)国に伍(wu)していくのか。我(wo)々には、人口減と超高齢化(hua)という試練もある。負担増をしのぎ豊かさを保つには何が必要か。トランプ米大(da)統

>続きを読む