三洋ピンボール

ニュースコメント

9月短観、供給制約緩和もコスト増加・新型コロナ感染拡大から足踏み

―海(hai)外経済が失速(su)し、設備投資が腰折れするリスクに注意―

上野 陽一
  主任研究員
高野 哲彰
  副主任研究員
阿部 眞子
  研究員

2022/10/03

【ポイント】 日本銀行が本日公表した「全(quan)国企業(ye)短期経済観測調(diao)査(cha)」(2022年9月(yue)(yue)調(diao)査(cha))では、大(da)(da)企業(ye)・製造(zao)業(ye)の業(ye)況判断(duan)DI(「最近」)は3四半期連続の悪化(hua)となった一方、大(da)(da)企業(ye)・非製造(zao)業(ye)が2四半期連続の改善となった。製造(zao)業(ye)では、6月(yue)(yue)の中国・上(shang)海の都(dou)市封鎖解除による供給制約緩和が上(shang)押しに寄(ji)与したが、円安・資源価格(ge)高(gao)による原材料コスト増加による影響が大(da)(da)きかったと考えられる。非製造(zao)業(ye)では、7月(yue)(yue)の新型

>続きを読む