三洋ピンボール

会員制度のご案内

中立・非営利の立場から
半世紀をかけ構築してきたネットワークと
短期、中長期の的確な予測で会員企業の戦略を支えます

日本経済研究センターは、日本経済新聞グループの公益社団法人で、日本を代表する約310の法人を会員とする中立・非営利のシンクタンクです。政策提言を始め、経済分析・予測、研究リポートの公表のほか、様々な懇談会やセミナーを通して経済界・官界・学界の架け橋となるよう努めています。
法人会員の皆様には充実した経済情報を提供し、調査機能の補完、トップや幹部の人脈作り、社員教育メニューの充実などに役立てていただいております。

理事長メッセージ

激動の世界と日本、自由貿易の拡大を

 ウクライナ戦争の長期化や米中分断の深刻化により、グローバル・サプライチェーンの再構築が不可避となっています。日本では少子高齢化が加速し、財政の持続可能性が懸念される一方、脱炭素へ向けたGX推進や防衛力の強化が急がれています。こうした中で民間経済の活力をいかに維持できるか。自由貿易を推進し、日本企業が自前主義から脱却してイノベーションを拡大するとともに、デジタル化で人・情報の対流を活発化させることが、日本を成長軌道に乗せる条件だと考えています。
 日(ri)本(ben)経(jing)済研究センターは、改革が時に当事者にとって痛みを伴うものであっても、それに臆さず発言(yan)することがシンクタンクとしての責任だと思っています。国内外(wai)の知見(jian)を結集、動員し、日(ri)本(ben)が直面する内外(wai)の課題(ti)を解(jie)決する方(fang)途を探ります。  

代表理事・理事長
岩田 一政

法人会員のご案内 入会のメリット

法人(ren)会(hui)員(yuan)(yuan)の皆様は、年間100本以(yi)上のセミナー、朝食会(hui)、政策懇(ken)談会(hui)への参加をはじめ、当センターの経済予測(ce)、各研究成果(guo)やデータ、研究報(bao)告書などの会(hui)員(yuan)(yuan)サービスをご利用いただけます。

社長朝食会

トップ交流の架け橋に

企(qi)業トップを対象に、朝(chao)食会(hui)を東(dong)京・大(da)阪で年6回程度開催しています。ゲストスピーカーに、現職大(da)臣(chen)や各(ge)国(guo)駐日大(da)使、日銀総(zong)裁、各(ge)界を代表する方々を招(zhao)き、直面する課題(ti)について講(jiang)演いただきます。情報(bao)収集や会(hui)員(yuan)トップの相(xiang)互(hu)交(jiao)流の場として、高い評価をいただいています。

セミナー

年100回を超すセミナーをウェビナーや録画でも配信。社員どなたでも参加できます

内外の経(jing)済・金融、国際(ji)情勢、安(an)全保障、エネルギー、デジタルなどの最新トピックスや将(jiang)来予(yu)測に役(yi)立つテーマについて、第一線(xian)の専門(men)家(jia)を講(jiang)師に招いています。東京・大阪で開催。DX時代に合わせて、Zoomウェビナーでのライブ配信や録画も多数(shu)そろえています。

政策懇談会

中長期的な政策課題について意見交換の場をご提供します

会員企業の部(bu)長クラスを対象に、実際の政策決(jue)定に深く関わる識(shi)者・キーパーソンを講師に招き、意見交換(huan)の場を提供します。年(nian)6回開催。

経済予測

中立・信頼性の高い、確かな見通しをお届けします

短期(qi)の景気予測や経済構(gou)造の変(bian)化も含めた中・長期(qi)の経済予測のほか、アジア経済中期(qi)予測をご提供します。

研究リポート

実証分析に定評の金融研究から東アジアのリスク分析まで深く掘り下げます

日本経済のマクロやミクロ分(fen)(fen)析のほか、金(jin)融研(yan)究(jiu)や産業分(fen)(fen)析、アジア研(yan)究(jiu)や中国研(yan)究(jiu)に力を入れています。データサイエンス研(yan)究(jiu)の事例も紹介しています。

毎月、HTMLメールで注目コンテンツやセミナー情報をお知らせ

会(hui)員トップをはじめ、登録(lu)メンバーの皆(jie)様には、当センターの活動(dong)内容をご案(an)内する会(hui)報「JCER LETTER」(HTMLメール)を毎月中旬に配信(xin)いたします。このほか、セミナーやリポートの新着(zhe)情報を随(sui)時メルマガでお知らせします。

データベース

経済リポート、セミナー、すべての情報をWEBからダウンロードできます

会員法人にご所(suo)属の皆様はどなたでも、NETメンバーに登(deng)録(lu)いただくと、ウェブサイトの会員限定コンテンツ閲覧や、メールマガジン新着情報や「JCER LETTER」HTML版(ban)の配信サービスもご利用いただけます。

冊子媒体・書籍

報告書や書籍をお手元にお届けします

日本経済中(zhong)期(qi)予(yu)測(ce)、アジア経済中(zhong)期(qi)予(yu)測(ce)、中(zhong)国研(yan)究(jiu)やアジア研(yan)究(jiu)をまとめた報告書(shu)(shu)(書(shu)(shu)籍)を発行、会員(yuan)にお送りします。

オプション 出張講(jiang)演

研究員の出前講演を会員様限定の価格でご提供

社内(nei)の勉強会(hui)や顧客向け講演(yan)会(hui)の講師をお探しの場合は、当センター役員(yuan)、研究員(yuan)をテーマに応(ying)じて派遣(qian)します(内(nei)容・時期は要ご相談。有料、会(hui)員(yuan)価(jia)格)。

大学、自治体を対象としたアカデミー会員についてはこちら
入会後のご利用案内はこちら

募集要項・金額

企業や団体など、法人(ren)単位でご入会いただけます。

■ 入会金 11万円

■ 年会費

口数   年会費(税込) 
一口会員 99万円
二口会員 125万4千円
三口会員 165万円

4月と10月の2回に分割払いができます。
大学、自治体を対象としたアカデミー会員についてはこちら

お問い合わせ・申し込み先

会員事業部 TEL:03-6256-7718
大阪支所(suo) TEL:06-7639-6660

入会お問い合わせフォーム