三洋ピンボール

一覧へ戻る
エネルギー・環境の未来を語るラウンドテーブル

経済構造変化なき成長、ゴミは増加

DXの加速が必要に

小林 辰男
  政策研究室長兼主任研究員

2023/05/12

 第49回中期経済(ji)予測(ce)(2023年(nian)(nian)(nian)3月公表)の各論5では35年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)(du)までの温暖化ガス(主にCO2)排出量を予測(ce)した。日本(ben)の削減(jian)(jian)(jian)目標(biao)である30年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)(du)までに13年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)(du)比46%以上の削減(jian)(jian)(jian)は難しいとの結果になった(30年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)(du)で4割弱)。今(jin)回は持続可能な成(cheng)長(chang)に関連する廃(fei)棄(qi)物(wu)の発生量について簡(jian)易に予測(ce)してみた。30年(nian)(nian)(nian)代には恒(heng)常的にマイナス成(cheng)長(chang)となる中期予測(ce)の標(biao)準シナリオでは、35年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)(du)までに一般(ban)廃(fei)棄(qi)物(wu)(家庭やオフィスのごみ)は13年(nian)(nian)(nian)度(du)(du)(du)比で18%程度(du)(du)(du)減(jian)(jian)(jian)少する。産業(ye)廃(fei)棄(qi)物(wu)は同3%程度(du)(du)(du)しか減(jian)(jian)(jian)らない。30年(nian)(nian)(nian)代に入っても0.6%程度(du)(du)(du)成(cheng)長(chang)する改革シナリオの下では、一般(ban)廃(fei)棄(qi)物(wu)は16%減(jian)(jian)(jian)少にとどまる。産業(ye)廃(fei)棄(qi)物(wu)は約3%増加(jia)する。脱資源社会を実現するDX(デジタルトランスフォーメーション)の加(jia)速なしには発生量を減(jian)(jian)(jian)らすことは難しいようだ(図)。

図 エネルギーや資源に頼らない成長を実現しないと廃棄物は減らない

(資料)環境省「産業廃棄物の排出・処理状況等」「日本の廃棄物処理」より当センターが予測

キーワード

バックナンバー

2023/05/12

経済構造変化なき成長、ゴミは増加

DXの加速が必要に

小林 辰男

2023/03/08

原子力政策、優先順位を間違えるな

原発の運転延長・新設(she)より廃炉、核のごみ処理対策を

鈴木 達治郎

2022/12/19

建築物の脱炭素、新築・改修時の対応が不可欠

セメント不要のコンクリート、木材活用の後(hou)押(ya)しなどもカギ

議事要旨 第32 回

2021/11/26

「カーボンニュートラルの経済学」を出版

2050年への戦略と予測
2021年(nian)11月25日発売(mai)

小林 光岩田 一政小林 辰男

2021/07/15

国境炭素税、中国巻き込めば、効果4倍

CO2排出に世界共通の価格付けが重要
脱炭素へ2030年度(du)46%削減(jian)は必(bi)達目標

小林 辰男川崎 泰史

2020/10/07

非効率石炭火力全廃でもCO2の8割削減は困難

排出削減効果は3.5%ポイント
脱炭素、DX社(she)会への加速が不可欠

小林 辰男落合 勝昭川崎 泰史小林 光

2020/02/14

福島第一原発の廃炉、再検討が不可欠

-信頼回復に全力で取り組め
-立地(di)地(di)域との対話、経済性の再精査、安全性評価(jia)への第(di)三者の目、今すぐにも

原発は生(sheng)き残れるか?

鈴木 達治郎