三洋ピンボール

CO2CO2(コツコツ)考える 25%削減時代の日本経済

  • 温暖化対策怠れば、年8兆円が海外流出

    ―省エネ・省資源(yuan)は持(chi)続可能な成長にも

     

    2011/03/01

    当センターは1月初めに環(huan)境と経(jing)済の両立(li)を目指す環(huan)境戦略を提言した。温(wen)暖化(hua)防止対策は経(jing)済成長(chang)(chang)の足かせとなり、産業の国(guo)(guo)際競争力に悪影響を及ぼすとの考えが根強いが、対策を実(shi)施しなければ経(jing)済成長(chang)(chang)にマイナスはないのか。実(shi)は省エネ・省資(zi)(zi)源(yuan)、脱化(hua)石燃(ran)料に結びつく温(wen)暖化(hua)対策を実(shi)施しないと、資(zi)(zi)源(yuan)制約(yue)(環(huan)境制約(yue))の壁に当たる恐(kong)れがある。原油価格などの高騰から年間8兆(zhao)円規(gui)模で富が産油国(guo)(guo)などへ流出する可(ke)能性も否定できない。持続可(ke)能な成長(chang)(chang)の実(shi)現には温(wen)暖化(hua)対策は不(bu)可(ke)欠だろう。

  • クルマ偏重の現行エネルギー税

    ―環境税で産(chan)業(ye)・民(min)生のCO2削減を

     

    2011/02/01

    政(zheng)府は新年(nian)度の税(shui)(shui)制改(gai)正に環(huan)境(jing)(jing)税(shui)(shui)の導入を盛り込んだ。既存の石(shi)油石(shi)炭税(shui)(shui)を申し訳程度に拡充するもので実質的(de)な効(xiao)果は乏しいが、エネルギー分野には既に多(duo)くの税(shui)(shui)がかかっており、屋上屋を架す感がある。今後(hou)、効(xiao)率的(de)に二酸化炭素削減を図るには、既存税(shui)(shui)のあり方(fang)も見直(zhi)す必要がありそうだ。既存税(shui)(shui)と環(huan)境(jing)(jing)税(shui)(shui)の効(xiao)果をモデル試算(suan)で比較(jiao)しながら、エネルギー課税(shui)(shui)のあり方(fang)を考(kao)えた。