三洋ピンボール

第4次産業革命の中の日本

  • 生産(chan)性、日(ri)米の違いは何か

    製造業のICT化が競争力維持のカギ

    中核の情報通信業は、米国に大きく見劣り
    高度人材の活用、中小企業が有効(xiao)、採用・処遇(yu)慣行などの改革を

     

    2018/06/13

     日本は第4次産(chan)(chan)業(ye)(ye)(ye)革命時代(dai)の中核であるICT(情報通信技(ji)術)産(chan)(chan)業(ye)(ye)(ye)が、インターネット時代(dai)への対応が遅れ、ハード、ソフトとも生(sheng)き残りが厳(yan)しい。しかし自動車や機(ji)械(xie)、素材(cai)などの製(zhi)造業(ye)(ye)(ye)は高(gao)度人材(cai)やICTを活用し、同時に生(sheng)産(chan)(chan)性の伸(shen)びも一(yi)定程(cheng)度維(wei)持(chi)している。非製(zhi)造業(ye)(ye)(ye)でも小売などでICTによる生(sheng)産(chan)(chan)性向上(shang)への取り組みがみられる。製(zhi)造業(ye)(ye)(ye)を中心にICT産(chan)(chan)業(ye)(ye)(ye)以外(wai)がビジネスをICT化することが、競争力維(wei)持(chi)のカギになる。

  • 米国ハイテク企業(ye)集積地の動向

    米ベンチャーとの協力、決裁権者の関わりが欠かせず

    シリコンバレーでも人材の獲(huo)得合戦

    井上知義・総務省情報通信政策研究所長(18年3月まで日本経済研究センター主任研究員)
       

    2018/04/06