三洋ピンボール

2050年への構想

  • メガ・リージョナリズムの時代

    反グローバリズムを超えて ―国内改革で自由化の恩恵共有を

    「メガ・リージョナリズムの時代」研究報告書

    主査:岩田 一政
      代表理事・理事長

    2016/10/07

    ◆日本(ben)(ben)(ben)経(jing)済(ji)(ji)研(yan)(yan)(yan)究(jiu)センターのメガ・リージョナリズム研(yan)(yan)(yan)究(jiu)会は、「反グローバリズムを超えて―国内改(gai)革で自由化(hua)の恩(en)恵共有を」と題する報告書(shu)をまとめました。 メガ・リージョナリズム(広域経(jing)済(ji)(ji)連携(xie))の利(li)益(yi)を最大(da)限引き出し、日本(ben)(ben)(ben)が成長を遂げるためには何が必要か、反グローバリズムのうねりが高まる中で日本(ben)(ben)(ben)はどのような進路をとるべきか。日本(ben)(ben)(ben)経(jing)済(ji)(ji)研(yan)(yan)(yan)究(jiu)センターでは、2年にわたり研(yan)(yan)(yan)究(jiu)を進めてきました。グローバル・バリュー・チェーン、サービス産業(ye)、対内直接投資、コメ農業(ye)など分野ごとの実証研(yan)(yan)(yan)究(jiu)も踏まえ、提言(yan)します。

  • エネルギー・環境選択の未(wei)来

    第4次産業革命をテコに脱炭素社会を

    経済構造全体の再設計を検討せよ
    ー2020年度までに抜本見直しをー

     

    2016/09/08

    3年間開催(cui)したエネルギー・環境ラウンドテーブルを終(zhong)えるに当たり、17年から始まる見(jian)通しのエネルギー基本計(ji)画(hua)の見(jian)直し作業にむけて、当センターとしてエネルギー環境政策の根本的(de)改革に必要と思われる検(jian)討課(ke)題について提言します。