三洋ピンボール

一覧へ戻る
データサイエンス研究 リサーチペーパー

労働者の転職要因の分析

―自己啓(qi)発(fa)は転職確率を高めるのか―

遠藤優太、河原木翔太、北尾哲也、熊澤知喜、日比規雄
   
監修:渡辺 安虎
  特任研究員/東京大学教授
田原 健吾
  データサイエンス研究室長兼主任研究員

2023/03/22

政(zheng)府が新(xin)たなスキルの獲得と成長分野への円滑な労働移動を同時に進(jin)める観点から、個人(ren)のリスキリング(学び直し)に対する支援を強化する方針を打ち出すなど、転職(zhi)、自己啓発に対する関心が高まっている。慶應義(yi)塾大学パネルデータ設計(ji)・解(jie)析(xi)センターによる「日本家計(ji)パネル調(diao)査(JHPS/KHPS)」の個票(piao)データを用(yong)いて、労働者(zhe)の転職(zhi)行動に影響(xiang)する要因と、中でも自己啓発が転職(zhi)確(que)率に与える影響(xiang)を分析(xi)した。

<ポイント>

  • まず労働者の属性や就業に関する情報で翌年の転職の有無を説明するロジスティック回帰分析を行った結果、賃金・貯蓄額や、自己啓発の学習時間、副業の有無、勤務先企業の従業員規模などが転職の有無に統計的に有意に相関することが分かった。
  • さらに逆確率重み付け法を用いて、自己啓発が転職確率に与える影響を推計した。その結果、自己啓発は転職の可能性を約1.2%ポイント(ベースラインの転職確率は約2.5%)、つまり転職確率を約48%高めることが明らかとなった。

バックナンバー

2023/03/22

労働者の転職要因の分析

遠藤優太、河原木翔太、北尾哲也、熊澤知喜、日比規雄 / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2023/03/17

2022年度 自社データ・オープンデータを用いた分析の概要

阿久津燎平、伊東千輝、河内隆宏、齋藤康生、鈴木沙織、藤井愛子 / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2022/03/24

2021年度 自社データ・オープンデータを用いた分析の概要

泉谷諒、岩橋淳樹、齋藤哲、坂井遼太郎、田中大貴 / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2022/03/22

銀行口座データで見るコロナ禍でのキャッシュレス決済

小花利輝、鈴木沙織、手塚昂嗣、細谷香穂 / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾

2021/09/05

コロナ後に進む引っ越し「ローカル化」

真鍋和也(日本経済新聞社) / 監修:渡辺 安虎 田原 健吾