三洋ピンボール

一覧へ戻る
金融研究

22年度は海外金利の上昇で都銀に恩恵、地域銀は逆風
―異次元緩和10 年で都銀と地域銀の体力格差が拡大―

2023年(nian)度(du)金融(rong)研究班報告(gao)①:銀(yin)行(xing)決算分(fen)析(23年(nian)3月(yue)期)

主査:左三川(笛田) 郁子
  金融研究室長兼主任研究員
総括:阿部 眞子
  研究員
研究生:高椋 草美、廣芝 大慧
   

2023/10/06

2023年(nian)(nian)(nian)(nian)3月(yue)期(qi)(2022年(nian)(nian)(nian)(nian)度(du))の全(quan)(quan)国(guo)(guo)銀(yin)(yin)行(xing)(xing)の最終(zhong)利(li)(li)益(税引前当期(qi)純利(li)(li)益に相当)は前年(nian)(nian)(nian)(nian)比(bi)(bi)48.3%増の4兆4,292億(yi)円と、3年(nian)(nian)(nian)(nian)連続で改善した。粗(cu)(cu)利(li)(li)益を構成する資(zi)金(jin)(jin)利(li)(li)益が前年(nian)(nian)(nian)(nian)比(bi)(bi)8.7%増の8兆2,137億(yi)円と、14年(nian)(nian)(nian)(nian)度(du)以来の水準に膨らんだ。特に都(dou)市銀(yin)(yin)行(xing)(xing)の海外業(ye)務部門で貸出(chu)金(jin)(jin)が増加したことが、全(quan)(quan)国(guo)(guo)銀(yin)(yin)行(xing)(xing)の資(zi)金(jin)(jin)運用収益を押し上げた。業(ye)態(tai)別にみると、都(dou)市銀(yin)(yin)行(xing)(xing)の粗(cu)(cu)利(li)(li)益は前年(nian)(nian)(nian)(nian)比(bi)(bi)17.9%増加したが、地方(fang)銀(yin)(yin)行(xing)(xing)では10.8%減、第(di)二(er)(er)地方(fang)銀(yin)(yin)行(xing)(xing)でも4.9%減少(shao)した。地銀(yin)(yin)・第(di)二(er)(er)地銀(yin)(yin)では海外金(jin)(jin)利(li)(li)の上昇を受けて国(guo)(guo)際部門の国(guo)(guo)債(zhai)(zhai)等関(guan)係(xi)損(sun)が急(ji)激に膨らみ、国(guo)(guo)内(nei)部門を合わせた粗(cu)(cu)利(li)(li)益全(quan)(quan)体を押し下げた。全(quan)(quan)国(guo)(guo)銀(yin)(yin)行(xing)(xing)の営業(ye)経(jing)費は前年(nian)(nian)(nian)(nian)比(bi)(bi)横ばいだったが、預(yu)金(jin)(jin)保(bao)(bao)険機(ji)構による預(yu)金(jin)(jin)保(bao)(bao)険料(liao)率引き下げという特殊要因を除(chu)くと、22年(nian)(nian)(nian)(nian)度(du)は前年(nian)(nian)(nian)(nian)比(bi)(bi)3.0%と6年(nian)(nian)(nian)(nian)ぶりの増加幅となった。日本銀(yin)(yin)行(xing)(xing)の「異次元緩和」10年(nian)(nian)(nian)(nian)で都(dou)銀(yin)(yin)と地銀(yin)(yin)・第(di)二(er)(er)地銀(yin)(yin)の体力格差が拡大した。地銀(yin)(yin)・第(di)二(er)(er)地銀(yin)(yin)の資(zi)産は貸出(chu)金(jin)(jin)も国(guo)(guo)債(zhai)(zhai)など有価(jia)証券(quan)も長期(qi)化したままで、24年(nian)(nian)(nian)(nian)以降も欧(ou)米の長期(qi)金(jin)(jin)利(li)(li)が高(gao)止まり、国(guo)(guo)内(nei)の長期(qi)金(jin)(jin)利(li)(li)がさらに上昇すると、追加的な引き当てや評価(jia)損(sun)が発生(sheng)する恐れもある。



【業態・部門別 粗利益】

(資料)全国銀行協会