三洋ピンボール

一覧へ戻る

刀祢館 久雄

とねだち・ひさお

研究主幹

専門:グローバル経済と国際政治

略歴

1983年   日本経済新聞社入社
1987~89年 ワシントン支局駐在記者。日米摩擦や米大統領選挙を取材
1989~90年 ニューヨーク駐在記者。金融・マーケットや国連を担当
1992~96年 ジュネーブ支局長。ウルグアイ・ラウンドの交渉妥結とWTO発足、米朝交渉や旧ユーゴ和平問題など国際交渉をカバー
2002~05年 ブリュッセル支局長。ユーロの本格導入や中東欧諸国の加盟で巨大化する欧州連合(EU)などを取材
2007~08年 東京本社経済解説部長
2008~10年 国際部長
2010~13年 日経アメリカ社社長兼米州編集総局長(ニューヨーク駐在)
2013~14年 東京本社編集局総務
2014~15年 グローバル事業局長
2015~19年 論説委員兼編集委員(17年から上級論説委員兼編集委員)
      欧州情勢など国際問題を中心に社説やコラムを担当
2019年~  日本経済研究センター研究主幹(現職)

政府税制調査会委員(2020年~23年)
公益財団法人フォーリン・プレスセンター(FPCJ)評議員(2023年~)
日経SDGs経営大賞審査委員(2019年~)

慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師(2021年~)
学位 国際政治学修士

共著「EUの規範形成パワーの展望 グリーン・デジタル・人権」(日本経済研究センター「欧州研究」報告書、2023年)
共著「ブレグジット後の英国とEU 新時代の課題と展望」(日本経済研究センター「欧州研究」報告書、2022年)
共著「コロナ禍で変わる地政学 グレート・リセットを迫られる日本」(産経新聞出版、2022年)
共著「新型コロナ危機と欧州」(文眞堂、2021年)
共著「技術覇権 米中激突の深層」(日本経済新聞出版社、2020年)
共著「コロナの先の世界 国際社会の課題と挑戦」(産経新聞出版、2020年)

連載コラム「刀祢館久雄のエコノポリティクス」